CKS ASMODUS STRIDE VR-80 クローン問題

CKS ASMODUS STRIDE VR-80 クローン問題経緯

当店取り扱いのCKS ASMODUS STRIDE VR-80、クローン問題の発端はこのツイートからでした。

弊社では基本的にメーカーから直接仕入れを行なうか、ロットの問題でそれが叶わない場合はメーカーが指定した仲介業者を介するようにしています。

当店で取り扱いをしているASMODUS製品はすべてASMODUS USと直接取引を行なっているのですが、CKS ASMODUS STRIDE VR-80に関してはすでに生産が終了していたので流通在庫を抑えました。この際、卸問屋に本物であるかどうかの確認をしています。

そしてまずは少量を仕入れてみると製品に付属したシリアルNOがASMODUSのオーセンティケーション(認証)を通らないという問題が発生し、ASMODUS USのサポートへ問い合わせを行ないました。このとき、ブラック / パープル / グリーンの各シリアルコードを写真で添付し、かつ卸問屋も提示しています。

ASMODUS Warrantyから返ってきた返事は『サイトを更新し、手動にてそのシリアルコードが認証されるように設定しました。』でした(※2018/06/24 現在、認証のスクリプトが稼動していないようです)。

ASMODUS
個人名はフィルタで削除しています。

問い合わせのメールに対し定型での返信っぽいことに違和感を感じましたが、とくに問題がないときはよくあることなのとコード自体は認証されるようになったので問題ないと判断しました。

ASMODUSの日本代理店であるAmerican Vapeさんからツイッターで指摘を頂いたとき、電話でもAmerican Vapeさんの代表と話をしています。American Vapeさんの言い分としては、

1. グリーンはASMODUSとして発表をしたことがない。
2. 工場が勝手に作って流通させている。
3. パープルもストライプがストレートのものはクローン。本物は斜めの形状。
4. シリアルコードはそもそも機能していない。半年以上前から機能しておらず、問い合わせがあったら手動で通すようにしている。
5. サポートの下っ端がよく調べもせずに勝手に通すようにしたのではないか。

とのことでした。弊社としては、

1. 弊社は卸問屋とASMODUS USとやり取りをしているので、とりあえず事実確認を行なう。
2. ASMODUS USから『ごめん、間違ってたよ。ha-ha』と連絡があれば応じるが、弊社が介していない日本代理店からの一言で判断することはできない。
3. American Vapeさんの言い分はわからなくもないが、ASMODUS USを介して話を持ってきて欲しい。あるいは、ASMODUS USから『American Vapeと話をしてくれ』と連絡があれば応じる。

と返しました。このときの電話では『とりあえず弊社側(電子タバコVAPEnet)でも事実確認をする』とのことで終わりました。

ここから、弊社から卸問屋への確認がはじまります。卸問屋は弊社からの問い合わせをさらに仕入先である工場に送り、返信を待つという形です。海外ということもあり、一回の問い合わせに対し返信が1週間後になったりととにかく時間が掛かりました。

工場からの返信が来るたびに弊社側で関係各位と連絡を取り、事実確認を行なっています。CKSへ連絡を取ったのが2018/03/07。CKSはメールに守秘義務を求めているのでスクリーンショットは控えます。CKSからの返信は、

1. 私達はその卸問屋と話をしたことがない。
2. CKS Edition Asmodus StrideはASMODUSによって製造された商品であり、CKSは他と同じように再販業者である。
3. 日本の正規代理店はAmerican Vapeだけであり、彼らは残りの在庫をUSから直接購入した。
4. グリーンとパープルは偽物(フェイク)です。なぜなら、ASMODUSはストレートストライプで作ったことがない。
5. オリジナルは45度の角度が付いている。

とのことでした。このことから、卸問屋を介し工場をさらに追求。最終的に工場の言い分としては、

1. デザイナーは同じである。グリーンの色もストライプの形状もオリジナルのデザイナーが手掛けている。
2. デザイナーもチップも工場も同じだからオリジナルである。

工場側の言い分は二転ぐらいしたこともあり、ちょっと複雑なんですが最終的には上記の内容と認識しています。そこで弊社としては、

『すべて同じだと言ってもASMODUSやCKSの許可を得ていないのであれば販売することはできない。』

と返信を行い、卸問屋もそれを承諾しました。これが2018/03/27のことです。

しかし、卸問屋にも主張がありました。

1. グリーンに関しては内部(internal)のバージョンであり許可を得ていない。
2. しかしパープルのストライプの形状違いについては販売の許可を得ている。
3. 公式な認定書を所得して提示するから待って。

このことから、とりあえず卸問屋の対応を待つことにしました。そしてASMODUSの認定書が卸問屋から送付されてきたのが2018/05/02。

ASMODUS
卸問屋名はフィルタで削除しています。

この認定書の確認に弊社からASMODUSの代表に連絡を取りました。認定書と、パープルとブラックの写真を添付しています。返ってきた返事は、

1. すべて本物と認定された商品であるとチャイナチームから聞いている。
2. そこの卸問屋はOKです。

ASMODUS代表の返事を受け、再度American Vapeさんと連絡を取りました。2018/05/11のことです。電話とメールでやり取りをしています。American Vapeさんからは、

1. USとのメールのやり取りを実際に見てみないと何とも言えない。
2. (やり取りのメールを送ったあと)パッと見ただけで形状の違いに気付いていないんじゃないか?
3. ストライプの形状の違いについて説明していないからそれも原因ではないか。

とのことだったので、再度ASMODUS代表と連絡を取ります。弊社としては『ストライプの形状の違いについてはすでにAmerican Vape / CKS / ASMODUSとして共通の認識を持っており、ちゃんと写真でチェックをするだろう』と思っていたのですがそうではなかったようです。

そして再度『ストライプをチェックしてくれ』とASMODUS代表に連絡を取ります。

ASMODUS
卸問屋名と個人名はフィルタで削除しています。

ASMODUS代表から返ってきた返事は、

1. 卸問屋は古い在庫(CKS ASMODUS STRIDE VR-80は生産終了品です)を買っていった。
2. そこにストレートストライプであるパープルも含まれている。
3. American Vapeは本物と見分けることができないだろう(5と6の理由により)。
4. これらは本物で、チャイナファクトリーの在庫を買ったもの。
5. これらはASMODUSとしてリリースされたことはない。
6. しかしこのバージョンを最近見つけ、卸問屋に売った。

そして再度American Vapeさんと連絡を取ります。2018/05/17のことです。

1. 卸問屋が在庫を買っていったことは間違いない。
2. ASMODUS USがストレートストライプのパープルを卸問屋に売ったことを知ったのは極最近のことのようだ。
3. ブラックとパープルの販売許可も与えているようだ。
4. 販売許可の範囲がどこまでかは定かではない(形状の違いも含まれるのかどうか)。
5. ASMODUSが認めてもCKSはストレートストライプを認めていない。
6. CKSの代理店として認められない。

※補足:CKS ASMODUS STRIDEはASMODUSとCKSのコラボ商品であり、American VapeさんはCKSの代理店でもあるそうです。

とりあえずASMODUSの代表にどうすれば良いのかメールを送っていたので、返事を待つことにしました。催促をすると2018/06/14に返ってきた答えは『We already gave you certificate of authenticity(意訳:本物だって言ってんだろ)』でした。

そこで同2018/06/14にAmerican Vapeさんに『ASMODUSとして見解を一本化してもらわないと困る』とメールを送り、翌15日にCKSにも連絡を入れます。CKSに送った内容は、

1. 私は卸問屋とCKS ASMODUS STRIDE VR-80について話をしました。
2. グリーンは許可を得ていないことがわかりました。それは工場によって作られたようです。
3. しかし、ブラックとパープルについては許可を得ていると言いました。
4. そのことについて、ASMODUS USの代表に確認を取りました。
5. ASMODUS USの代表はパープルのストレートストライプもOKと言っています。
6. CKSとして、パープルのストレートストライプは問題ないですか?
7. 問題があるのであればASMODUS USの代表と直接話をして欲しい。
8. これはASMODUSとCKS、そして工場の問題です。
9. 私はどうすれば良いのかわからない。解決を望みます。
10. 問題がないのであれば私はブラックとパープルを販売するでしょう。

そして2018/06/23、CKSからの返信は、

1. ASMODUS USの代表がOKと言ったのであればOKです。
2. このバージョンの製造について、私達がASMODUSや工場と話したことはありません。
3. しかしASMODUSがメーカーであり、ASMODUSの製品であり、私達のものではありません。
4. これはただのCKS Edition Asmodus Strideであり、私達はエンジニアリングにも製造にも関与していません。
5. この返信が役に立つことを望む。すてきな一日を!

とのことでした。CKSとしては『ASMODUS USの代表がOKと言えばOK』とのことなので、正式にブラックとパープルの販売を開始予定です。 します!

※American Vapeさんからも連絡がありました。弊社がCKSからの返信を受信した2018/06/23 14:02を持ちまして、弊社取り扱いのCKS ASMODUS STRIDE VR-80は正式にASMODUS / CKS 両社の許諾を得た商品となります。それまでに関しては、ライセンスの許諾を得ていなかった状態となります。

CKS EDITION ASMODUS STRIDE VR-80 販売

CKS ASMODUS STRIDE VR-80 注意事項と弊社の対応

1. グリーンに関しては許可を得たものではなく内部流出品という扱いになるので、当店が販売したものについては全額返金にて回収を行ないます。事情を承知の上で『そのまま使いたい』という方へは半額の返金とします。

2. 今回のCKS ASMODUS STRIDE VR-80に関してのやり取りは、すべて当店か、弊社取次ぎ品のCKS ASMODUS STRIDE VR-80に限ります。それ以外の他店さん取り扱いのCKS ASMODUS STRIDE VR-80については関与も関知も一切していないので、当店へ問い合わせはしないようにお願いします。ご購入店にてご確認下さい。

3. ASMODUSの日本正規代理店であるAmerican Vapeを介した商品ではありません。ASMODUS USとCKSから認定されている商品です。

4. WarrantyはUSのみ受付けとなります。日本代理店やその他の国では受付けしておりません。当店は初期不良期間を14日間としております。余裕をみて1ヶ月間は対応しています。