コイルで味が大きく変わる

様々な味と香りを楽しむVAPE。しかし美味しくリキッドを飲むにはコツがあります。そのコツとは、美味しいVAPEを選択することです。正確にはコイルです。美味しく飲むにはアトマイザーが重要と言われたりすることもあるのですが、それもアトマイザーに内蔵されているコイルのことなんですよね。アトマイザーに搭載できるコイルは決まっており、同じメーカーのアトマイザーでも互換性のあるものとないものとにわかれます。

リキッド自体が美味しくないといけないのも当然のことなんですが、ここではリキッドを美味しく飲むためのコイルの見分け方を紹介したいと思います。

コイルの種類

コイルにはいくつかの種類があります。現在主流なのはトップコイルとボトムコイル。ボトムコイルはシングルコイルとデュアルコイルへと分かれます。美味しい順番で並べると、

ボトムのデュアルコイル > ボトムのシングルコイル > トップコイル

となります。そもそもボトムコイルの成り立ちがトップコイルの欠点を解消するためなので、当然といえば当然のことですね。見分けるのは簡単なのでそれぞれ代表的なコイルの写真を用意しました。

トップコイル

トップコイル

ウィッグがリキッドを吸い上げてコイルに供給。リキッドが伝わる距離が長いため供給が上手くいかなかったり遅れがちになりやすい。

ボトムシングルコイル

ボトムシングルコイル

リキッドを供給するホール(穴)を下部に開け、ウィッグを極力短くした、あるいはコイルに内蔵したもの。トップコイルと比較してリキッドの供給が早く安定する。

ボトムデュアルコイル

ボトムデュアルコイル

コイルを2つにして発熱を高めたもの。蒸発力が上がるため、リキッドの供給ホールもシングルコイルより大きめになるか多く開いている。リキッドの蒸発が多くなるのでシングルコイルよりも味や香りが強くなる傾向にあり、不蒸発によるリキッドのジュズリも減る。

トップコイルはウィッグが長いので一目瞭然です。僕が購入するときは画像をパッと見てウィッグが長い時点で選択外としています。ボトムのシングルコイルとデュアルコイルの違いは円筒の土台部分の長さです。土台が短いとシングルコイルであることが多いです。

現在の主流はボトムデュアルコイルで、まともな、というと語弊があるかもしれませんが、シッカリと作られたVAPEだとボトムデュアルコイルを採用していることが多いです。逆にチープなVAPEだと未だにトップコイルを採用しています。ICE VAPEやKamryがVAPE愛好家から避けられている理由です。日本での電子タバコの火付け役ともなったIEC VAPEとKamryのXシリーズですが、同時に美味しくないVAPEを広げる結果となったためにVAPE愛好家からは嫌われる傾向にあります。VAPE愛好家からすると初心者にこそ、最初の1本にこそ美味しいVAPEを手に取って欲しいんですよね。美味しくないVAPEで吸って『こんなものか』と思われるのがイヤなんです。

商売としては安価なVAPEやリキッドも揃えてセールや特価品と銘打ったりリキッド無料でプレゼントとかした方が良いのかも知れませんが、不味いVAPEに不味いリキッドを煽って売るようなことはしたくありません。『アメリカで大人気!』 KamryのXシリーズはアメリカどころかイギリスなどヨーロッパでも見たことはないような気がします。VAPEがアメリカで大人気ということですかね? それなら間違ってないです。『厳しいアメリカ規格をクリアしたリキッドプレゼント!』 そこ中国のリキッドメーカーですけど? あぁ、使われている原料がアメリカ規格をクリアしているということか。

ちょっと販売店側のモラルが破綻しているところもあるように思います。中国メーカーが悪いというわけではありません。そもそも現在の電子タバコは中国人が発明、特許を取って開発販売されたものです。なので、本体のメーカーはほぼ中国メーカーが独占。アメリカ欧州ブランドの電子タバコも大元を辿れば中国メーカーが生産しているVAPEのロゴや名称を変えただけのOEM品であることがほとんどです。

リキッドに関しても中国とはいえ大手の方が衛生管理がシッカリしていることもあります。でもやっぱり口に入れるものだけに不安なんですよね。中小規模になるアメリカや日本の方が衛生管理ができていないかも知れないけど、それでもやっぱりリキッドに関しては中国メーカーは避けたい。そう思われる人も多いと思うのですが、必要以上にアメリカといった言葉を使ってごまかす販売店も多いです。

なんだか愚痴になっちゃいました(笑)。電子タバコVAPE.netのラインナップの基準はまずは『美味しいこと』です。そのため、電子タバコVAPE.netで取り扱っているVAPEはすべてボトムコイルとなっています。基本デュアルコイルなんですが、タバコサイズのX-TC-2はシングルコイルとなっています。しかしシングルコイルではあるもののX-TC-2も間違いなく美味しいです。

X-TC-2のメーカーであるJoecigはアトマイザーとサブΩコイルも作っているのですが、これは正直不味いです。リキッドの供給が早すぎるのか立ち上がりの火の入りが遅くリキッドが燻されてケミカル臭が強くなり、とても吸えたものではありません。電圧を上げると多少はマシにはなるもののそれでも不味くて捨てました。X-TC-2を作っているメーカーとは思えないほど不味く、メーカーにも正直に不味いと報告しています。今新しいアトマイザーとコイルを一生懸命作っているそうです(笑)。

とにかく不味いJoecigのサブΩコイル

トップコイル

電熱線の立ち上がりが遅く不完全燃焼な感じでケミカル臭が強く出る。電圧を上げると立ち上がりはマシになるもののバチバチ跳ねたりジュッとリキッドが蒸発する音が聞こえたりとピーキーな感じに。

KangertechのサブΩコイルは美味しい

ボトムシングルコイル

立ち上がりが早くイヤなケミカル感も少ないサブΩ。低抵抗なだけに煙の量はすさまじくリキッドを多く消費するものの味の乗りも良く濃い味と香りが楽しめる。

まずは美味しさ、次に価格

美味しさと価格のバランスを考えると必然的にKangertechになってしまいます。とくにKangertechに絞ったつもりはないのですが、美味しく価格が比較的安価なVAPEとなると最終的にKangertechに辿り着くんです。現在MODを取り扱おうかどうか悩んでいるのですが、そこで初めてAspireを選択するかも知れません。味と価格だけではなく、洗浄のしやすさなど全体を見て価格とのバランスを考えながら厳選するようにしています。ちなみに悩んでいるのはAspireのPlatoで、アトマイザー一体型の小型MODなんですがこれにはこれで欠点もあるので、ちょっとどうしようかと悩んでいます。アトマイザーの選択肢が広い一体型ではない普通のMODの方が良いかな~と思ったりもするわけで。この辺はまた『選んではいけないVAPE』というコラムで紹介していこうと思います。

リキッドに関しても電子タバコVAPE.netでは日本のリキッドメーカーのなかでは大手となるKAMIKAZEを扱っています。同じく日本の大手であるBI-SOも取り扱う準備をしています。